☆Honolulu☆

2020年05月21日 18:59

Aloha\m/

きゃー!!

気付けばまた長いことブログを書いていませんでしたー(lll´Д`)ごめんなさい(笑)

最近はだいぶ暑くなってきましたね♪
やっと薄着で済むようになってきて嬉しい(*´∀`)

さてさて今日は "Honolulu" のお話☆

今まであちこちの名前の由来などをご紹介してきましたが、そう言えばホノルルについては触れてない。。。と思って(笑)

今更ながら "Honolulu" の由来についてお話ししようと思います。

ハワイと言えばの大都市 "Honolulu" ですが、カメハメハ1世が支配する前1790年代頃はまだ小さな海辺の村でした。

元々ハワイではアリイと呼ばれる首長が移動すればみんなも一緒に移動するという、移動民族のような形態をとっていました。

ですが1793年にウィリアムブラウンという銃や毛皮などの貿易船の船長が、ホノルル湾に大型船を停泊させるようになったのをきっかけに、たくさんのお店が出来上がり、住宅街も出来上がっていきました。

都市としての "Honolulu" の誕生です(・∀・*)

貿易船が入るということは、それだけ人の流れができるということ。

ホノルル湾に立ち寄る人たちに向けての商業が発達していったんですね☆

またホノルル湾は大きさもですが、深さもあるので大型船が停泊するには好条件だったというわけです。

それから1800年代の終わりにはパイナップルやサトウキビなどの生産へと移り変わり、その労働力としてアジアやヨーロッパなどからたくさんの移民が訪れます。

そこからまた起業をしたり別の仕事に就くなどし、1920年代頃には観光産業も盛んになり始めました。

私たちのイメージままの "Honolulu" が始まったのです(*´-`)

では "Honolulu" とはどういう意味かと言うと

*Hono → 湾・入り江

*Lulu → 穏やかな・静かな

"Honolulu" とは "穏やかな入り江" や "静かな湾(海)" などの意味を持つんです(*´ー`*)

また先ほどお話ししたウィリアムブラウン船長もこの "Honolulu" のことを "フェア ヘイヴン(Fair Haven)" 美しい港(天国)と呼んだことから、それをハワイ語にしたという説も残っています。

地名のひとつひとつに物語があるんですね(*´ω`*)

語源なんて小さな豆知識でしかないけれども、その背景を知ったり、その小さな豆知識の積み重ねでハワイそのものを深く知ることにつながっていきます♪

コツコツ豆知識を増やしていきたいですね(*´∀`*)

私もちゃーんとブログをコツコツ続けなければ(笑)!!

それでは今日はこのへんで☆

A hui hou\m/

前のページ
☆Hawai'iの中の日本☆
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)